スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間力


中学受験後はどういう生活が待っているのか、数年前に比べて気にするようになりました。

せっかく合格してどこかの学校に入ったとしても、そこでの生活が実りあるものでなければ何ともつまらないものです。

今年一年興味のある記事を取っておいて、いつかブログでも書いてみようかと考えていたんですが、そのほとんどが机にしまってあるだけです・・・。

あらためて読んでみると大学受験、その後の就職活動、そういったことに関する話題にも注目していました。

中学受験とは関係ないようで関係あるような話なのですが直接的ではないのでいつも後回しになってしまいます。まあ、また話す機会があれば取り上げたいです。

んで、今回は私立、国立の学校の家庭科について、新聞に載っていたのを取り上げてみようかと。

「家庭科、熱い男子校」というタイトルで家庭科に力を入れている男子校が取り上げられています。
写真では麻布高校、記事内では桐朋、筑駒、洛星と最難関クラスの有名進学校ばかりです。

私立だけあってそれぞれの学校で行われている家庭科は実に多様です。
調理や裁縫に力を入れているだけでなく、社会問題を扱っている授業もあるそうです。

たとえば洛星では調理用具やミシンなどが整備されて裁縫もできる多目的用と家庭科専用の教室があるというのですからかなり力を入れていますね。高校の料理研究部は全国高校生食幾選手権で優秀賞に輝いたそうです。
男子校に料理研究部というのも珍しいですが、そんな選手権があるんですね・・・知りませんでした。また三年前から25組の赤ちゃん連れの家族に来校してもらい中学3年生全員との交流授業をしているようです。育児体験ということですかね。

筑駒では「中学受験をするには専業主婦のほうがいいのか?」という「仕事と生活の調和」をテーマに授業に取り上げたり、また同校の教諭は自身が二児の父親でもあり、自らの子育て体験も交えて授業をしているようです。
「結論を出すことが目的ではなく、似た環境で育った生徒が多いので、家族や社会の多様さを学んでほしい」というコメントが印象的です。

家庭科は1994年から男女研修になりました。僕が高校に入る頃には確か「生活」(・・・?)というような名称で存在していましたが、正直家庭科からは程遠い授業だったと記憶しています。

麻布では1996年に保護者の運動で中学では「生活科学」高校では「生活総合」という科目名で家庭科を導入したそうです。
高1の夏休みには産婦人科の病院での子供の世話や遊び相手、老人ホームでのレクリエーションの手伝いなど18のメニューから選べる体験学習があるようで。うーん、そのいきさつがいかにも麻布らしいですね。

最後に高校一年生のコメントがまた実に殊勝です。

八ヶ岳で有機野菜を作る農業体験をするこの高校1年生は
「勉強ばかりしているよりも、身近な事が出来ないと人間としてだめなんじゃないかと思いました。」だって。

・・・真面目だ・・・。

いやあ、素晴らしいじゃないですか、学力の高い人間の多くがこのような考え方ができるといいのですが。

偏差値の高い進学校でこのような風潮があることはとてもいいことなんじゃないかと思います。

何のための高い学力なのか、本当の意味で社会に貢献するリーダー、エリートとなり得る人間には何が必要なのか、個人的な考えとしては中学受験に臨む全ての親がそういうことも視野に入れて考えると素晴らしいんじゃないかなと思います。
多様さを学ぶ、と言えばいいんでしょうか。

単純に何か一つの物差し(学歴など)で人の優劣を図るのではなく世の中にはいろいろな立場や環境の人がいて、また様々な価値観で生きているということを学ぶことは重要だと思います。

社会的に高い地位に就く人には特に学ばなくてはいけないのがそういう広い視野や柔軟な考え方なのかなと、大学受験や就職活動の話題をみるたびにそう思います。


決して多いわけではありませんが小学生でも自分の「夢」というよりも、もう一歩具体的な「将来のビジョン」につながるような考えを持っている子供に出会います。

ちなみに自分も、家事はします。
まあ同世代の人間のように始発から終電まで仕事をしているような人間ではないので自分の裁量でどうにかできる時間が比較的多いほうだと思います。

仮に自分が会社勤めの人間になったとしても、「仕事しかできない人間にはなりたくない」という考えは持っていたと思います。

特にアトピーになってからは食事のことにも意識が行くようになりましたし。

あ、料理もしばしばします。地元のスーパーのチラシは毎週大体チェックするような男です。

あとは気功やヨガの本を読んでいくうちに自分の考える「自立した人間」になりたいという思いはより強まったように思います。

バブルがはじけて、就職氷河期、少子化、その流れは僕が中学生になってからくらいですが自分が社会というものを考えるようになってからのそういう流れは、様々なことが一つの線につながって感じることがあります。


自分は自分の立場で、今指導している子供たちに何ができるのか、受験後の人生に良い影響が与えることができるのか。遠いようで近いのかなと。


すいません、前回に続いて中学受験に関係あるようなないような、そんな感じの話題を取り上げてみました。





ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。