スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良くても悪くても

成績が良くても悪くても保護者の不安というのは無くならないものです。

残り二カ月を切ったこの時期は、子供本人よりも周りの保護者のほうが落ち着かないのが常です。中学受験の特徴ですね。

僕が指導している子供たちもテストの結果を見れば志望校に対してどれぐらいの位置にいるのかおよそ見当はつきます。
中にはある程度安心できる位置にいたり、もしくは五分五分、このままの状態じゃちょっと厳しい、はたまただいぶ厳しいなどなど。それともいろんな成績をとってきていまいち落ち着かないなど。実に様々です。

それでもそのほとんどの子供に対して持つ印象は「終わってみなければわからない」というのが本音です。具体的にいえば合格率が30%から70パーセントくらいだと「あまり変わらない」という気になってしまうのです。いや、実際は違うし結果としてもそれ相応の数字としてかえってくるのですが・・・なぜなんでしょうね。ほとんどの子供が毎回同じような数字なわけではないというのもありますが、何かそれだけではないような。

不思議ですね、何年家庭教師をやってもそこらへんの予想というのはあまり精度が上がっている気がしません。

むしろ大どんでん返しや安全圏での不合格などを経験するたびに、「やっぱり終わってみないことにはわからない」という気持ちが余計拭えなくなるのです。

また子供の成績によっての保護者の心配度や不安の大きさというのは決まった傾向がないような印象を受けます。

志望校に関して安全圏にいても、不安感が小さくならない人もいれば、だいぶ厳しい状態でも比較的あっけらかんとしている場合など。(もちろん、あきらめていたり、現状が客観的に判断できていなかったりなどもないわけではありません。)

あっけらかんじゃないですね、比較的余裕を持って日々を過ごしているといえばいいんでしょうか。・・・(そう見えるだけかも知れませんが。)

少なくとも志望校の合格率が低い家庭ほど不安度が高い、という印象は受けません。

それぞれの性格の問題なのか、時期が近付けば成績に関わらず不安になる人は何がどうあっても不安になる、そう思うわけです。

しかしなんでもそうですが「過ぎたるは」という言葉があります。
比較的順調に行っているときに過度の不安は却って子供を合格から遠ざけてしまう危険性もあると思います。


そういう時の対処というのも実に難しいですね。

何かを注意してほしい保護者に乗っかって「そうだ君はここが悪い」などといって子供の精神の居場所や感情の行きどころがなくなってしまうと元も子もないから、そう思うからです。

普段よほど慢性的にストレスがたまっていなければそういう取り返しのつかないような事態になる可能性はかなり低いのですが、あえてその可能性を上げる必要もないと思います。

保護者に何を伝えるべきか、子供には何を話すべきか、指導者が絶対に失敗しないマニュアル本でもあれば良いんですけど。いや、まあそんなの絶対ないんですけどね・・・。


ただ一つ言えることが家庭内の雰囲気が明るかったり、保護者はいつも通りの態度で接していれば(心の内はどうであれ)道が逸れていくことはないんじゃないかと思います。


直前になって「より何かをしたい、改善したい」という向上心が行き過ぎたりしていないか、振りかえる余裕もあってもいいんじゃないかなと思うわけです。
今まで積み重ねてきたものが1,2カ月であったさりと覆るほど軽いものだったらそれはそれでどうなのか?

僕もあまりくよくよ考えずいつも通り臨みたいものです。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。