スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「叱るだけ」は親の怠慢

だそうです。


ずいぶん前の新聞の特集記事にかいてありました。

こう言っているのは「親野智可等」(おやのちから)さんという人です。
本名杉山桂一らしいです。

いや・・・名前の話に突っ込むのはやめましょう。


このタイトルの考え方に僕もまったくもって共感です。人の考えにあやかって自分の考えでも書いてみようかなと。

結構少なくないと思います。「叱るだけ」のひと。
彼の考えは「子どもを教育する手段が叱るだけの人は親子を主従関係でとらえ、その関係に甘えているように思えます」ということらしいです。

そう、簡単にいえば手抜きして、おいしいとこだけ持っていこう、と考えると叱るだけになるんじゃないでしょうか。何のケアもせず怒るだけで成績伸ばそうとする、まあそれを「おいしいとこだけ持っていく」と感じるのですが。

叱るというのは本来怒る方も気分が悪く、できればしたくないから子供を怒った時は怒った方が自己嫌悪に陥るような行為だと思います。

でも叱るだけの人はそういう思考には至っていないように感じます。共通しているな、と思うのはプライドや虚栄心の高い人にありがちかな、ということです。

お前は黙って俺(私)の言うことを聞けばいい。

とか

話しているときに
いやあ、うちの子は才能ないんですよ?(やたら卑下する割に、核心に突っ込まれると)
いや、でもね、うちの子はやる時やるし、私らもしっかり面倒みてるんですよ!!!!
とやたら舌が滑らかになる

まあ、こんなパターンとか

いくら怒ってもやらないんですよ。こんなんじゃ受かるわけないってさんざん叱ってやってるんですが。

とか

まあ、そんな感じでしょうか。よく聞くのは。


基本的に人前で自分の子供をばかにするだけのやり方はよくないかな、と思います。まったく長所を見つけようとしないというか、成績を伸ばしたいという親の欲の際限がないというか。結局どこまで行っても子供の出来に満足しない。


まあ、子供の立場からすれば「んぁ?何でお前に言われてやんなきゃいけねーんだよ?」というのが大体の意見でしょうか。


んじゃ、怒られて、親に謝ったり奮起して頑張る子と、反抗して一向に改善のない子供。その差はどこにあるんでしょうかね?

ほぼ間違いなく親の背中を見て子供がどう感じているか?だと思います。生まれ持っての性格ではなく育った環境だとおもいます。

怒られても頑張る子供の家は親の責任感が強く、きちんと日常生活において子供のための苦労や犠牲を厭わない人が多いように思えます。

逆の子供は家はやはり逆ですね。言い換えると受験が親の目的に変わりつつあります。

一番わかりやすいのが、例えば子供の成績がいつもより以上に悪かった時に

→「あんな悪い成績とって、あの子が不憫」派か

→「勉強が足りない!」もしくは「あんだけ高い金払ってんのに!たるんでる!」派

非常におおざっぱですが、でも二つに分かれます。そりゃ度合いはあります、100者100様でもすがどっちかに分かれますね、みていると。

そりゃね、子供が反抗する家の親が悪いとかそんな短絡的なことは言いませんよ。
育児そのものも大変です、その上受験させて、経済的な問題だって普通かなりのものでしょう。

ただね、言い方悪いですけど、「こんなにしてやってんのに」は子供から言わせりゃ親のエゴで、利己的なわけです。親の言うことを聞かないということは納得していないわけですね、親の態度と言動の矛盾に気づいているわけです。

ここは侮っちゃあいかんでしょ、子供はねよく分かってるんです、親の打算は。


大小ありますが子供がつらい時に親がどんだけ踏ん張れるか、それが子供の成績に大きく影響しているように感じます。だから中学受験の半分以上の責任は親に在る、というのが僕の持論です。

もう少しこの話について書きましょうか。

また明日。

ランキング登録しました♪

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加されたんですね!

いつも読ませていただいていますので、応援させていただきますよ!(いつもためになる記事ばかり!)

>「子どもを教育する手段が叱るだけの人は親子を主従関係でとらえ、その関係に甘えているように思えます」
なるほど、です。

>「子どもを教育する手段が叱るだけの人は親子を主従関係でとらえ、その関係に甘えているように思えます」
これは多少あるかも・・・。
走る危ないよ!って言った矢先転ばれると・・・ホレみたことか!って具合に。(苦笑)

ありがとうございます

まだ仕組みを理解してないんですがせっかくと思い参加してみました♪

恐縮ですが上位目指して頑張ってみます。

親子の関係は本当に難しいです。こんなブログ書いておきながら書きながらそのむずかしさを改めて痛感しています。・・・汗

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。