スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で終了ですが



今の6年生に関してはおそらく明日、明後日に臨時で指導に行くことがないと思うのでもうお任せです。


ネットで産経新聞の記事を見ました。今年の受験者数は5万4千人(首都圏の私立国立)は過去最高水準ですが受験校はここ数年減少傾向にあり5校程度だそうです。ちなみに首都圏の範囲は東京、神奈川、埼玉、千葉です。
四谷大塚の調査ではピークの6.08校から5.37校に減るそうですがそ個人的には、中学受験そのものが衰退しているという印象は全く受けません。現場で肌で感じる感触としては少なくとも数年は衰えないんじゃないかと思います。
今は2回どころか3回以上募集する学校も珍しくない時代ですから10校くらい受けるケースも少ないながらもそこそこの割合で出くわします。
減ったとはいえ十分盛況なんじゃないですかね。

一番ベストなパターンとして3校で終了するというのがありますね。1月の試し受験、2月1日の本命、合格発表の2月2日に併願校というパターンです。

滑り止めの減少傾向とありますが、これは学校間の格差が広がったからだと思います。
そこの記事にも書いてありましたが経済的な理由で減っているのではないと思います。
確かに塾や家庭教師にかけている費用を考えると今更経済的な理由で受ける学校を1,2校減らすというのは考えにくいです。

実際のところ、開成は前年比5%増の1176人との予想だそうです。実力校、人気校付属校は例年並みの志願者を集めているそうで、一方定員割れの学校が首都圏約300校のうち150校近くと予想している人もいるそうです。

不況で受験をやめるというよりは「レベルを下げてまで私立に行くメリットが感じられない」こういう考えを持つ人はこれからも増えていくんじゃないかなと思います。

まあまあそんなこんなで中学受験は相変わらずの状況でして、不況の波はあまり関係ないように思われます。
むしろ不況だからこそ、中学受験の注目度が下がることはないと思います。大きな変化が生まれるとすれば公立一貫校の今後の実績如何でしょうね。

明日からは新6年生の始まりです。
合否の結果は待つしかないので頭の中はもう次の年度モードです。
僕はまた明日から再スタートです。さっそく明日から新6年生の指導が始まります。

受験生は頑張ってください。僕も明日からがんばります。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ




スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。