スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新卒のメリット



就職活動の話になりますが新聞でずっと昔から疑問に思っていたことがテーマになっていたので取り上げてみようかと。

いわゆる「新卒」という肩書が、卒業してから内定が決まらない人間にとってメリットがあるのかどうかということです。

僕は自分が学生のころからずっと疑問に思っていました。なぜ企業というのは「新卒」にこだわるのだろうかと。

あえて留年して「学生」という身分を形式上持っているだけなのと、卒業して「学生」という身分を持たない事にどれだけの差があるのか分からなかったわけです。いまだにその理由がすっきりと分かっているわけではありませんが。

一般企業の就職活動なんてのをしたことない自分にとってはそれ以上深く考察する機会もなかったわけなんですが常々就職活動の記事を読むたびに「新卒」というだけで、それのみに特典を与える風潮はいかがなものかと感じていました。

今回新聞で「結局は人物次第」というのが書いてあって、ああそれなら納得ですと、今までの中で一番納得できました。もっと以前からそういうことを声高にいう人がたくさんいても良かったんじゃないかと思います。

留年生の中には海外留学をしていて帰国したら募集が終わっていた、もしくは企業側の募集職種の変化に伴い前年応募してこなかった人間を採用できないか。
そのような理由で留年した新卒生を「現役生」と同列に扱うという企業があるようです。とはいえ結局は留年生がどういういきさつで留年したかが重要で何でもかんでも同列扱いというわけではないのでしょうけど。

一方、留年している新卒生にたいして否定的な企業も少なくないようです。
ある機械メーカーでは「留年の理由にボランティア活動などを強調されると、よほど説得力がない限り就職の失敗を繕っているだけなのではと勘繰ってしまう。」

また「就職留年するのではなくまずは社会に出て経験を積んで」という意見も。
「これからは通年採用が増えるだろうから、経験を積んでから自分自身に合うと思える仕事にチャレンジするのも良いのでは」ということも書かれています。

僕はこっちの意見には共感できます。職種によってはアルバイトや派遣社員からのほうが正社員になる可能性が高い場合もあると思います。

ただ通年採用に関しては就職活動を長期化させる原因になっているという見解もあります。
去年一年よく新聞で、企業の採用開始時期をずらしてどうにか就職活動期間を短くできないかということが、よく書かれていました。
いくら就職するために大学へ行くとはいえ具体的に何の勉強もできずに大学生活の大半が就職活動というのもどうにもしっくりこないですね。


自分が教えていた子供も来年再来年には就職をする時期です。
どんな大学生活を送っているのか気になると気があります。やりたい職種が決まっていて、それと大学生活がマッチしているならともかく入学当初から就活就活じゃいやだろうなと。


そういえば、そのころを今の中学受験の事情もずいぶんかわりました。
数日前から大手の進学塾の合格実績が掲載されていますがSAPIXがとんでもないことになってますね。次回から何回かにわけて大手の塾の合格実績を載せてみようかと思います。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。