スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾の質

塾の質ということについてもう少し触れてみようかと思います。

合格実績を何で重視するのか?
その塾の持っている底力というか、子供が望む望まないに関わらずどこまで学力を伸ばすことができるのか、そういう力を測る上でおおよその目安になるからです。

これは前回も書きました。

ところでこんな思いを抱えている人もいるかと思います。

~漠然と公立じゃ不安だからという理由であったり、なんとなく始めた受験なのに、幸い上位に食い込むことができて最難関クラスに合格することができた。だがそのために子供にはとても大変な思いをさせてしまい、素直に喜ぶことができない複雑な心境である。~

中学受験を体験した親子でこのように感じている人はどれくらいいるのでしょうか。
このブログでも触れたことがありますが上位のクラスに入ったがために受験勉強が失敗した例というのも少なくありません。

家庭教師の依頼ではそういう例は少なくないのです。

受験を始める以前から「何が何でも00中に行きたい」という強い希望を持ち合格の可能性を少しでも上げるために塾を選択する。こういうケースであれば目的が明確なのでビジョンを描きやすいかもしれません。

ただ、中には習い事の一環であったり、ちょっと勉強の習慣をつけたい、友達が通っているから、等々まだ受験への目的が明確でない場合どうでしょう。
真面目な子供であればいい成績をとることはあるかと思います。そういう子供たちに難関校に合格してほしい、そのために今まで以上の負荷をかけてより上のステップへ進んでほしい、これは教える側からすれば自然な感情の流れかもしれません。

このステップアップをさせる段階で躓いて、逆に以前よりも成績が落ち込んできた、というケースを見かけるのです。

学年が切り替わる、季節の変わり目などで学習内容のレベルが上がり量が増えることでついていけなくなるということもあるんですが、比較的真面目に勉強している子供が高いクラスに放り込まれて駄目になっていくのは人災なんじゃないかと思うのです。

塾の先生に勧められて一番上のクラスに入った、しかし問題が難しくて分からない問題を塾に質問に持って行ったら「そんなレベルの質問は自分で解決しなきゃ駄目だ」と突っぱねられた。こんな経験談を話してもらったことがあります。結局子供はそこの塾の講師への人間不信になり転塾しました。
ほかにも「これくらいできなきゃ駄目なんだ」というニュアンスで受け取られる言動をすることで子供にプレッシャーをかけて駄目にしてしまうというのも見かけます。

いくら悪気がないとはいえ、やはり講師のほうに責任があったと言わざるを得ない事例が多いです。上に挙げた例では「そんなレベルの質問」と言ってしまう、そもそも質問のレベルに優劣をつける時点でその講師は非常にまずいと思います。


またそういうクラスは「上位クラス」という冠であっても合格実績が良くない場合もあります。

実はこちらのほうが重要です。

始めに戻ります。何で合格実績が大切なのか?


生徒が脱落しないように(とはいえそれ相応の素養があっての事ですが) 多くの子供を合格に導いてこそ志望校クラスの意味があると思います。
ある校舎でのそのコースの全員が開成や麻布に受かったとか、大半が筑駒に合格したとか、そんな芸当ができるのは今のところサピックスくらいです。
残念ながら「00校合格コース」という名称にもかかわらず、そこから一人も合格者が出なかったなんてのはよくある話です。そういう方が多いかもしれません。

もし塾の説明会に行って

『今年から「00校合格コース」をこちらの校舎で開講しました。必ず全員合格させます!』

と、言われても僕が親であればまず信じないです(笑)。熱弁で語る意外にほとんど何の根拠も示さないというのは、随分無責任とも思うでしょうね。

実績のなかった塾がいきなりそんな事を言い出すとですね、それこそ子供を駄目にしてしまう可能性が高いです。


全員、なんて極端な言葉でなくとも、たとえば開成合格人数が毎年1人や2人の塾が

「うちは今年はやります!!!開成に10人合格させてみます!!!!」

というようなことがあったとしてもかなり胡散臭いです。
どこかの塾と合併した、買収された、テキストが大きく変わった、もしくは有能な講師が新たに数人確保できた、などなどよほどの大変革が起きている場合でなくては、かなり可能性は厳しいと思うのです。

やる気があればなんとかなるほど世の中、甘くないですよね。
そうであればサピックスがあれだけの合格人数を独占できるわけがない。
御三家クラスを受験しない人にとってみればサピの合格実績なんて他人事かもしれませんが、そうではないんです。やはり講師やテキストの質が明らかに違うわけでいわゆるノウハウというのがきちんと確立されているわけです。

これは中堅どころや下位の学校を受ける場合でも影響がないわけではないです。

特に始めは難関志向だったけれども成績が思うように伸びなかったので偏差値の低い学校に下げよう、と考える場合であればなおのこと、合格実績が高い塾のほうが「無難」です。

話し手(塾の営業担当)が上手でとても魅力的に感じるような事を言えば「よし、かけてみようかな」と思うかもしれません。

ですが保護者は十分に気をつけて、吟味して、時には疑って、そして分析して「果たしてこの塾によってうちの子供は行きたい学校へ合格する可能性は上がるのか?」と問いかけることは重要かと思います。


前回も書いたように誰でも最難関クラスの学校に合格させることができるわけではなく、講師の質は影響します。
もちろん本人の資質というのは大変重要ですが、それに依存するような塾では合格実績を伸ばすことは難しいと思います。
以前塾のトップが平然と「どうせ00人いれば何人かは必ずできるやつがいるんだからほっといても受かるからそういうのがいれば問題ない。」というような趣旨を発言しているのを見てあぜんとした記憶があります。

個人的には理解できないです。
そんな態度で合格する可能性を上げられるのかといったら甚だ疑問です。


僕らは生徒の資質により合格に導いたという建前を得ることはありますが、
それによりかかるわけにはいかない、それは前提だと思うのです。
学力を伸ばすことが仕事のメインです。有能な生徒を集めて合格実績を伸ばすという発想は明らかに経営の発想なんじゃないかと・・・。

又そんなスタンスで子供たちが充実した受験をすることができるのか?
「合格するかどうか満足するか否かなんてのは出会う子供次第だからねえ。
だからとにかく良い広告うたって人集めようよ」
なんてのはおかしな話じゃないですか。

ここまで書いてきたことが一見矛盾するかもしれませんがどの事象も現実に起こりうることで毎年起きている事なのです。

確かに合格実績の高い塾に入ればいいってもんじゃなりません、それによってつぶれていく生徒もいます。そういう場合は合格実績が悪くても却って本人の学力が伸びたり、もしくは充実した受験をすることができたかもしれない。

しかし今まで合格実績がパッとしなかった塾が「今年は変わります」なんて言ってそうそう変われるほど難関校合格は甘くないです。それだけは認識してほしいです。
当然子供にかかる負荷は大変なものですが、そのメソッドは一朝一夕で身に付くようなものではなく塾側の大変な努力があってこそなのです。

上位中堅下位の学校。もし「子供の勉強なんだから大差ない」と思う人がいるのであれば
それは大間違いだと思います。どんな指導者に出会えたか、学力にも精神にも大きな影響を与えます。
子供の努力するレベルだけでなく塾側が提供できる技術はとても変わっています。
やはり合格実勢は塾の質を図る上で重要なんです。


さて、サピに触れなくともあらかた書いてしまったような気もしますが・・・。


今度こそ昨今のサピについて書いてみようかと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

何か少しでもお役に立てたようでなによりです☆
いまは多くの人が生き死にということを以前とは違う感覚で考えているんじゃないかと思います。
おっしゃるように結局は「やれることをやるしかない」
当たり前の日々を続けていくことが大事なのかもしれません。

受験での悩みは尽きないとは思いますが家族全員で充実した受験にできたらと思います。

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。