スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生と。

昨日今年二月まで教えていた御家庭に訪問してきました。

今年はこれで三人目、例年になく多いです。

三月半ばにお電話を頂いて、おかあさんが「そろそろ落ち着いてきたころなので」と
それで最後にあいさつでもということで伺いました。

この子は第一志望がダメで滑り止めの学校に進学することになりました。

2月2,3日ごろは合否の結果を蚊の鳴くような声で電話越しで話していました。
実は一月の試し受験でも不合格で2月1日の直前の精神状態は最悪でした。

難しいですよね、1月のためし受験は合否ではなく本番に向けた最終調整、いわば本番を想定したまずい課題を直すことが重要なんですが。

やはり1月の落ちた時のショックはすごかったです。どれほど気にするなといっても無理なんですよね。どこかで受かるはずという油断に近い感情があったのかもしれません。

結果論かもしれませんがやはり作戦の立て方がまずかったのかなと大きく反省しております。


最終的には中堅校の特進クラスに進学しました。
昨日会った時は親子元気にしていて何よりでした。

んで受験終わってのんびりしているかと思ったらとんでもない!!
入学式まで二課題が盛り沢山。算数のテストも行われたそうで・・・いやはや。

そしてなぜかわからない問題があると指導することになりました。

あれ・・・今日はお茶だけじゃ・・・・・。

指導およそ1時間30分・・・・・・。
でも子供の方が気の毒ですね。すんげー量の宿題。

しかもなぜか駒東や武蔵の過去問混じってるんですけど・・・・
おかしくね?こんなの入学前の宿題にしてさあ・・・

っていうかさあ・・・こんなの解けたらこの学校入学しに来ないだろ、と、つっ込み入れたくなりましたが。

うーん私立というのは本当に難しい。

勝ち残るためには仕方ないとはいえ、ちょっと行き過ぎかなと。
まあ、逆にいえば学校でそんくらいの意気込みでやってくれれば予備校に行く必要もないのかもしれませんが。

塾での合格状況のお話を聞いたり、四方山話もしましけどね。
どこでもサピの進学人数はは話題のようで。


僕は力になれなかったことを詫びましたが、お母さんは重ね重ね僕にお礼を言いました。


本当に恐縮です。


少しでもこういう事態を減らせるようまた僕もいろいろ研究し、学ばないといけないですね。


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。