スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サピックス 2011 その2





僕の手元にあるサピックスの偏差値表で一番古いので2003年用というのがありましたので
先日10日の四谷大塚の合不合予備で出てきている上位約20校の偏差値と比べてみようかと思います。(まだ数字として出てきていない学校もあるので同等の偏差値でも載せていない学校もあります。)

男子校

73 筑駒(63)
72 開成(62)
69 聖光2(57)
68 麻布(59) 渋幕(53) 聖光1(57) 筑附(54) 
67 栄光(59) 早稲田2(55)
66 駒東(58) 慶応中等部(55) 渋渋(48)
65 慶応普通部(52) 早実(52) 海城2(56)
64 早稲田1(51) 慶応湘南(52) 渋渋2(50) 芝2(54)
63 武蔵(53) 浅野(53)

女子校

72 桜蔭 (59)
71 慶応中等部(61) 筑附(58)
70 豊島岡(55)
69 女子学院(57) 早実(56) 渋幕(55) 豊島岡2,3(54) 渋渋3(54)
68 ふた葉(55) 慶応湘南(58)
67 お茶の水(51) 渋渋2(53)
66 渋渋(53) フェリス(56) 青学(55) 白百合(54) 学芸大世田谷(54)
65 横浜共立(50)



当時のサピの偏差値表でも2月1日は50校以上の学校の偏差値が出ていますので、もうそれなりの規模の塾になっていたと思います。
生徒の人数は今の半分くらいでしょうか。

当時の偏差値表でも上位の学校の数字は今とあまりポジションが変わっていません。
当時でも偏差値は高かったのですがそこからさらに伸びているのは渋渋、渋幕、豊島岡くらいですかね。
上の数字を見て分かるようにいまの四谷大塚の偏差値(今年の合不合の偏差値は去年のサピ生の減少の影響で全体的に1,2くらいは高くなっているとはいえ)と比べて10以上違うのが大半です。

当時のサピックスでは学力が平均レベルであれば可能圏から安全圏にはいる難関校がいくつもありました。早稲田やお茶の水が51ってすごいですね。当時もびっくりした記憶があります。偏差値が40後半あれば早慶レベルであれば普通に届く範囲でしたからね。自由が丘校のように大きな校舎でも(大きいとクラスが15段階以上にわかれます。)クラスがC、D辺りを行ったり来たりするような子どもでも武蔵、麻布辺りに合格したというのは珍しいことではありませんでした。

もちろんその分入塾のハードルは今よりも高かったです。
受験勉強を少しもやったことのない子供がいきなり入るというのは低学年でもない限りかなり難しかったと記憶しています。当時は「サピに通っている」というだけでそれなりの学力があるという、ある種の証明書のようなものでした。

2005年にサピックスメソッドという本が出版されましたがその時のデータを見ると合格実績ではすでに開成は133人桜蔭90人筑駒62人と首都圏内では合格率、合格人数ともにトップクラスでした。

そういえば前回合格率が下がったといいましたが、2005年のデータがあったのでザっと計算してみました。
2005年度の2月1日の御三家合格人数を合計は458人、今年は739人。
当時が2700人、今年が4600人なのでその数字をみるとほとんど合格率が下がっていないです。単純計算で同じ比率では780人くらいですのでその質は相変わらず大手進学塾の中でも抜群に高いです。

ただサピの子供の指導をしていると一昔前と印象は明らかに違います。
一言でいうと過去のサピ生ではありえなかった学力の低い子供が増えてきました。
まあ、6年間で2000人近く増えているのですから、むしろその数字のほうが異常です。
学力の低い生徒が増えたという強い印象も冷静に考えたらごくごく自然のことなのかもしれません。
ですから志望校にもよるのですが、そうやってひと括りにしてみると僕が前回言った「合格率が明らかに下がった」というのは表現が違いますかね。

注意したいことはですね、今の大学生くらいの子供がサピに通っていた頃と今では良い部分悪い部分、どちらもずいぶんと変わってしまったことです。
過去の偏差値を見て分かるように、今の大学生が偏差値50だった時代と、今の子共たちの偏差値50はかなりの隔たりがあります。
ですから親せきや知り合いにサピ卒業生がいて「サピックスってどういう塾?」と聞いても実際に自分の子供を通わせてみるとずいぶんと印象が違うことがあるかもしれません。

特に負の部分は注意したいです。
合格率は下がっていないように思っても、巨大化した分だけサピックスでうまくいかない子どもも当然増えてきます。また筑駒のように定員120人に対して2005年で62人、2011年は87人。塾が巨大化してもこれ以上劇的に増えることは望めないです。難関校の中ではほとんど合格人数が増えていないところもいくつかあります。

サピックスは5000人で良い質を保つ方向に生徒人数の増加を抑制するのも一つの選択でしょうが、どうやらそういうつもりはなさそうです。

サピックスはこのようにかなりのスピードで変化しています。ですから数年前の勉強方法では対応できない部分も他の塾以上に多いです。特に教える側からすると毎年注意していないと、サピのメソッドにどんどん置いていかれそうです。

こんな話がどこまで参考になるか分かりませんが(書いておきながらすいません)
サピの合格人数がトップであるのはここ10年ほど変化はありませんが、
今と昔じゃサピッてずいぶん違うんだなあってことが少しでも伝わればと思います。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。