スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベストな計算方法 その2



分数の計算問題ですのでちょっと読みづらいですが
書きなおすなり、各々変換していただければです。

とりあえず1問目。

36×9分の4+0.36×18分の25-12分の5×3.6

これは日能研のカリテで載っていた計算問題です。



この問題なんですが・・・これ、日能研の解説はどう書いてあったんでしょうかね、確認しませんでしたが
僕はどう解こうか迷いました。

生徒がこの問題を間違えていたので
「いやあ、君ねえ、これは分配法則しなきゃダ・・・・ちょっと待ってね・・・」
偉そうに講釈でもたれとようかと思ったんですが分配法則をしようとすると何かクリアに答えが出てこない。

ぱっとみると36、0.36、3.6とあるので桁をいずれかにそろえてまとめるの一般的かと思ったんです。

ところが、たとえば36にそろえるとすると

36×9分の4+36×1800分の25+120分の5×36すなわち
36×(9分の4+1800分の25+120分の5)として計算することになります。

しかしこれをまず頭の中で分配法則してイメージしたときにカッコ内の足し算が面倒くさいなあと思ったわけです。通分して足して36かけてと・・・鉛筆を動かさないとできないなあと。

この計算はむしろ普通に計算したほうが速いんじゃないかなと思ったのでやってみるとすんなりできたんですね。

16+0.5+1.5とそれぞれ素直な数になり足し算も楽だったので暗算でサクッと出来たわけです。
なぜそう思ったかというと「36、9、18、12」とどれも36の約数ですので普通にやったらきれいに行く気がしたからです。

この問題はどちらががベターか、何がベストかというのはやはり人それぞれなんじゃないかなと思いまして取りあげてみました。(全員一致でベストな計算方法があったらすいません・・・)
とりあえず、僕の計算力では後者がベストだったわけですがこれが多くの人に当てはまるとは正直思えないのです。

ちなみに僕はこの問題、あれこれと迷った時間も含めて5分はかからなかったと思います。2,3分でしょうか。
迷わずに行けば分配法則であってもなくても、もっと素早く解ける子供もいるでしょう。

「何が楽で安全かなあ」なんて考えるよりは直感的にすぐさま思いついたやり方で解いた方がいい問題なのかもしれません。

さて、もう二問取り上げてみます。最近あまり時間がないのでここでいったん区切りまして
とりあえず問題だけ載せておきます。


56分の1+63分の1+72分の1
81分の1+108分の1+162分の1



こちらは市販の計算問題集の「でる順」からです。

ええ、また更新にだいぶ時間がかかりそうなので暇な人はいろんなアプローチを考えてみてください。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。