スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月29日 朝日新聞

東京学芸大学附属世田谷中学からです。

場合の数でしょうか。

小川さんは自宅から博物館までいく方法を調べました。各駅で乗り物に乗る時は10分間の待ち時間がかかるとして次の問いに答えなさい。

小川さんの家 7分    歩き    A駅
  A駅     12分   100円   B駅
  A駅     18分   120円   C駅
  B駅     5分    100円   C駅
  B駅     18分   170円   D駅
  C駅     10分   110円   D駅
  C駅     11分   90円    E駅
  D駅     4分    歩き   博物館
  E駅     7分    歩き   博物館 

① 一番料金のかからないで行く方法の料金を答えなさい。
② 一番時間のかからないで行く方法の到着するまでの時間を答えなさい。


多少分を省略しましたが問題には影響ないと思います。


さて、今風ですね(笑)やり方があるわけじゃありませんが、全く手探りというわけではないです。

場合の数の問題は演習量を重ねることで無駄なく素早く数え上げる力が身についてきます。

こういった問題は何かいい方法はないか、と何分か考え込むくらいなら、サッサと手を動かして全パターンを書くほうが素早くミスなくとけるでしょう。

なので書き出すということに抵抗感を持たずに粘り強く取り組めるか、そういう力は必要ですね。

こういう問題で注意したいのは間違えたとき、解答をただ見て納得しては意味がない、ということです。大体において解答は無駄なく答えのみしか書いてありません。

ただ実際にはそんな一発で答えを導くことはまず無理でしょう。だから自分で手を動かして正解にしないと力にならないと思います。解答を見た後でも自分ですべて書き出して解くことをお勧めします。


さて、やってみますか。
打ち込むのめんど。鉛筆で書き出したいですが。


家→A→B→C→D→博物館 310円  68分
家→A→B→C→E→博物館 290円  72分
家→A→B→D→博物館   270円  61分
家→A→C→D→博物館   230円  59分
家→A→C→E→博物館   210円  63分

ということで
①は210円
②は59分


書くと実はこの程度。ただ問題を解く上で解答までのある程度の青写真ができていないとなにも書かずに「難しい難しい」と唸るばかりでペンが進まず時間ばかりが過ぎてしまいます。

計算して解ける場合の数はむしろ高校数学の確立に多いですね。小学生ではなぜかそれが基本問題(笑)応用題では書き出す問題が一般的ですね。

こういった問題は慣れないうちは「どうやるんだ?」とまるでもやがかかった状態ですが繰り返していけば体が勝手に反応して書き出すでしょう。

意外に重要なことは分かってることを書くということです。

そんなの分かってるよ、と書かないことも、実際書いてみるとそこから答えへの突破口になることはよくあるんです。

基本的に場合の数では2,30通りくらいのことであれば僕は書かせますね、ほかの先生はどう教えているか知りません。大体においてその方が早いし、イメージが湧き定着しやすいようです。


ちなみに場合の数は頑張れば3,4年生からでも難度の高い問題に取り組むことができるかもしれません。苦手な子供は少なくないので得意にしておくと得に男の子は有利かと思います。
       
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

>ちなみに場合の数は頑張れば3,4年生からでも難度の高い問題に取り組むことができるかもしれません。苦手な子供は少なくないので得意にしておくと得に男の子は有利かと思います。

3、4年生ですか~
参考になります!

我が家でも年長ぐらいから、ものすご~く軽い&子供が興味を持つような御題を作ってあげてやっていますよ。

最低料金、最短時間を求めるって
ジョルダンのロジックですよね(笑)

度々すみません

記事下の応援ポチが消えてますよ!(わざとです?)

露出UP?の為には、記事下が良策かと思いますe-2
お節介すみません・・・

応援☆

バナーは

すいません、アドバイスありがとうございます。(汗)

いやあ、ついつい忘れてしまうのでリンクを張りました。

ってリンクにするのにも一苦労でしたが。

出来る限り文章の最後に持ってくるよう努力します、(忘れないように)

あ、あと応援ありがとうございます。僕は低学年に関しては経験があまりないのですがそこでの重要度を最近感じます。特に国語力なんですけど。何か気づいたことがあればどんどん記事にしていきたいと思います♪
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。