スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画を立てる


さていよいよ夏期講習も始まり、特に6年生は忙しい40日間が始まりました。
この時期で大きく学力を飛躍させようと気合の入っている保護者の方も多いかと思います。

そうなると、まずは計画ですね。どういうふうに過ごして何を目標とするのか、これが重要になってくると思います。

ところで、家庭教師として仕事に伺うと「今後の本番までの計画を立ててください!」と依頼されることがあります。

長期的な展望と短期的な展望でどのように「子供の学力を伸ばしていくか」というようなものなのですが、僕は原則ですね、そういう計画表のようなものをきっちりと作ったりはしません。

もちろんそれは行き当たりばったりでわからないことを教えるだけのような無計画というわけではありませんし、宿題のような形で課題をできる限り日割りやページの指定など、細かく提示することもあれば長期的に習慣として取り組むべきことを提示することはあります。

しかし、僕は例えば一日のタイムスケジュールのようなものを細かく作ったりはしませんし、「この時期までにここまでこうして、こうする」という内容においても具体的な数値を提示することもあまりありません。特に6年生になれば「偏差値をいつまでに絶対にいくつまで」というようにそれに固執する気はありません。あくまで目安であってそれに縛られたくはないのです。
偏差値であれば志望校選定や、勉強方法の目安にはするけどそれを絶対視するように執着しない、それと同じ感覚です。

「あまり計画の遂行にこだわらないこと」僕はいつもそのように心がけています。


はじめての6年生の夏期講習、仮に二人目の妹弟であっても「人」は違いますし毎年受験状況も少なからず変化します。夏休みに限らず子供を取り巻く状況というのは常に変化しますので、計画が事細かであればあるほどその通りに進めていくのは困難です。

ですから常に臨機応変に状況に対応できるように大枠は作っておいても、目的地は定めても、そこにたどり着くまでの一歩一歩まで強制、制限しないようにと、考えているわけです。


計画をできる限り細かくしたほうがいいかと言えばそうではないと思うのです。
何か行事をこなすためにタイムテーブルをきちっと設定するのとは違い、もしかしたら苦手な単元が出てきていつも以上につまづくかもしれない。
それくらいであれば多くの親が許容範囲に入るかもしれませんが、人間関係や精神の変化にまで許容範囲を持てる人はなかなかいないように思います。

毎日サラリーマン並みに塾に通い、おまけに家に帰れば宿題をこなさなければいけない場合もあります。計算や漢字や暗記物など、人によっては日々のノルマを設定するでしょう。

そんな時に一日たりとも勉強に取り組む質を落とさず保つというのは人間である以上不可能です。ましてや子供ですからサボらない子供は稀だと思います。(程度はもちろんあります。)

極端なことをいえば次の瞬間何が起こるかわからないのにがっちりと計画を立ててその予想通りに進むということは非常に難しいです。



なぜこんなことを言うかというと、子供の少しの気の緩みに対して一切の妥協を許さない、そういう姿勢で計画を立てる人がいるからです。
勉強時間を睡眠時間以外の活動時間にこれでもかと詰め込み、仮に10分20分計画通りにことが進まないようならば激しく責め立てるといった具合です。

これは、非常によろしくないです。いくら夏休みは大きな飛躍の時期といっても保護者がこのような姿勢で取り組んでは伸びるものも伸びなくなってしまいます。
僕が計画に固執しない理由はそれです。それによって子供の学力向上の障害にしたくないからです。

もうね、なんですか、最近の東電じゃあありませんがあれくらいの工程表と同じノリでいいんじゃないですかね。

予定通り行けばとても順調、予定通りにいかなくてもそれが当たり前位のスタンスがいいと思います。


重要なことは予定通りにいかないときに当初の決まりに固執せず、状況に応じて最適な判断を下すことだと思います。

さあ、大きな飛躍の時期ですね(笑)。


ですが飽くまで子供の視点を忘れないようにするといいんじゃないでしょうか。
子供を追い詰めて追い詰めて秋以降に取り返しのつかない事態を起こしたりしないよう十分気を付けて欲しいものです。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。