スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の傾向  その3 2011

はい・・・・思いっきし更新遅れています。

早めにするとか、嘘こいてすみません。

いやね、ほんと、ここんとこと忙しいんですよ。仕事も含めそのたもろもろ・・・。
って言い訳はいいので続きを続けますです。



前々回に「体系化」しつつあるという言い方をしましたが、そこら辺の表現、言い方が難しく、語弊を与えてしまう可能性があるのでもう少し突っ込んで話してみようかなと思います。



最近の傾向として、難関校の難易度が下がった(算数において)という話をしましたが、前回も言ったようにこれは別に受かりやすくなったとかそういう意味ではありません。
また解法や公式さえ覚えれば対応できるとか、そういうわけでもないです。
典型問題がそのまま出題されるわけではなく、少なくとも一ひねりは加えられているわけなんです。
しかしながら全体的には各々適度な難易度で収まってはいるのです 。

「各々適度な難易度で」ということは、その際に各学校の難易度、出題しやすい癖など差異も生まれてきます。当然過去問は従来通り重要です。


少しずつ変わってきているのは塾で学習してきた内容からのつながりがはっきりと見て取れる問題が増えてきたということです。

従来の難問奇問というのは文字通り奇抜で斬新さという方が目立っていた印象があるのですが、昨今の問題はは塾の学習内容からの大きな隔たりがない、段階を経た問題であり「努力してきたか否か」その差が付きやすくなってきたと思います。

それは前々回にも言ったように、塾の方のカリキュラムが確立してきたという面もあると思います。作成者と塾側のお互いの感覚が近づいてきているのでそういう側面からも、難問奇問という印象を与える問題が少なくなってきたのだと思います。



ちなみに難問奇問ばかりですと、だあれも解けやしないのでその問題での得点の差が生まれなくなり却って努力の効果が表れなくなることがあります。
いわゆる「捨て問」。
この選択の仕方がうまかったおかげで何とか逃げ切り合格を果たした、という作戦はだんだんと通用しなくなってきているように思います。

サピの言葉を借りると「見慣れた題材に手間を増やしたり、考え方を組み合わせることで良質の問題になる」ということですが、そういうことなんだと思います。





例えば、今年度開成で場合の数の問題が出題されました。
「中学への算数」にも取り上げられていました。問題は違えど、同じような設問の仕方が栄光学園、武蔵などにもあったようです。(栄光のは見ていませんが)


この開成の問題は小問3題で構成されており、最後の問題を正解させるのは難しくとも、その前の2問を解けるかどうか、またどれくらいの時間をかけるかというのは少なからず合否に響くと思います。



場合の数の問題ではよくあるパターンとしてその場で規則、関連性、周期などを見つけられるか問う問題があります。 例えば、その中でもフィボナッチ数列を利用したものは(1,1,2,3,5,8,13・・・)はよく見かけます。

規則性を発見するということは数の性質にも含まれます。また、不定方程式の要素を含む問題などは「和と差に関する問題」にも分類されることもあります。

単元をより細かく話を膨らますと大分ごちゃごちゃしてきますのでそのへんで。

とにかくですね、一応分類できるわけなんです。とってもあいまいというわけじゃあないんです。


規則性の要素を含んだ「場合の数」は経験が浅いと「場合の数」という概念から抜け出すことができないまま試験時間が終わってしまうかもしれません。
こういうタイプの問題は「その場でのひらめき」だけでなく日頃の修練、鍛錬の量も問われているのだと思います。
仮に意識的に分類わけがきちんとできなくとも、思考の第一歩でただ数え上げていくことに何か違和感に気付く、それも経験で身につきます。他人に伝えられるような上手な説明ができなくとも子供なりの表現で単元分けができるんですね。

努力すればするだけ向上改善できるわけです。


思考力を問われる学校はとても増えましたがこれは知識を軽視しているわけではありません。あくまで既習範囲から次の段階の問題に頭を働かせることができるかどうか、それを問うているのだと思うのです。


ですので公式丸暗記タイプは当然厳しいですね、さまざま解法の意味をきちんと理解しなければいけません。
マンスリーやカリテや週テストで高得点をたたき出しても実力模試になった途端にダメになるケースはこういうパターンが実に多いです。「00君はもっとできると思うんだけどねえ、実力模試がこれじゃあなかなか上のクラスに上がれないですね」なんて塾の先生に言われるタイプは算数の勉強の仕方を根本的に見直す必要があるかもしれません。



開成、栄光、武蔵のような難関に限らず中学受験全体でいっても知識暗記だけでは対応できないような問題がどんどん増えて今後もその流れは変わらないでしょう。 多くの学校で受験勉強で培った知識を基にその場での創造性も期待しているのだと思います。いろいろな学校の問題を見るとそう思います。

ですが、それと前回話した「算数が体系化されてきている」というのと「その場での思考力を問う」というのは矛盾しているようできちんと密接な関係で関わりあっていると思います。

勘違いしてほしくないのは「その場で考える」力が問われるというのは知識を軽視しているわけではないということです。秀才であることは価値あるものとして評価されるわけです。



この時期、四谷の4科のまとめや早稲アカのバックアップテキストは卒業している人は多いかもしれませんが、成績が平均以上の子供でも受験直前の一月頃でも十分に役立つ子供は多いんじゃないかと思います。


そりゃね、基本ですし、典型パターンしか載っていませんよ。
でも丸になればいいってもんじゃなりません。どんだけ理解しているかが大事なのは言うまでもないです。
(子供というのはおんなじ丸でも実に様々なんです。)

そのレベルで対応できる学校は言うまでもありませんが、上位校を狙う子供でも必要な子供には必要だと思います。


応用力やひらめきは基本ができていなければ出てきません。

思考力を問われれば問われるほど、基本がどれだけしっかりしているかが重要になってくると思います。
・・・4,5年生は言うまでもありませんね。

もう合不合も2回目終わりました・・・今年も早かった・・・ってまだ終わってないけどね。


まだまだ時間はあるので最後まであきらめずに頑張ってほしいものです。



6年生は残り数カ月ですが、伸び悩んだり、うまくいかない場合は思いっ切って基礎の基礎に立ち戻り一つ一つ丁寧にきちんと理解することで飛躍的に変わる可能性があると思っています。今何となく解いている問題の理解が深まれば応用力が劇的に変わりますからね。



過去問重視の時期ですが基本も大事にというスタンスは受験終了まで忘れないでおくといいんじゃないでしょうか。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。
丸覚えタイプで、カリテは良いが模試が悪くて上がれないタイプ、結構いますね。
でもカリテの評価が良いので、親御さんは切実に感じていない場合も多いようなのですよね。

Re: こんにちは

いつもありがとうございます♪
塾での課題量が多いのと、多くの保護者は「与えられたものはすべてやらなくてはいけない」
という考えからついつい目先にこだわってしまうような気もします。

>切実に感じていない場合も多いようなのですよね。

テストの重要度がわかっていないと範囲内テストができていて、実力テストはできなくても
「まあ五分五分だよね」という風に思うのかもしれません。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。