スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い講師 その2

無料オンライン講座を通して考える「良い講師、良い教育機関」について、
大学ネタはここでひとまず区切りにして最後に自分の見解を述べていこうかと思います。


オンラインで世界に無料発信する会社「ユダシティ」-では「教える上手さ」にこだわり講師を選んでいるようです。

企業のエンジニアや起業家が大半で大学教授は半数くらい、講師の肩書きよりも教える技術に重きをおいたためか各地の大学の教授数百人が参加を打診してきても98パーセントは断ったそうです。

新聞の中では物理学入門を教える25歳の若い先生が紹介されていて設立者であるスラン氏(おそらく採用者)は

「彼は質問を繰り出して受講生の脳に入り込み、考えさせることが実に上手い。人が学ぶには教授の講義を聴いているときではなく、自分の力で考えているときなんだ。」と話しています。

ちなみに、この「ユダシティ」は設立者は大学教授出身ですが大学が設立している「ムーク」とは違い大学が出資してくれているわけではありません。

どうやってお金を捻出しているかと言うと、人材派遣のような形をとって利潤を作り上げているようです。
つまり講座を受けている中で優秀な学生の成績を基に履歴書を作成しそれを企業に送り、企業側は科目ごとの成績を元に人材を見つけ声をかけ、採用に至ればユダシティーに仲介料を払うという仕組みです。


このシステムがこれまでの大学に「所属」して卒業証書を持ち就職活動をするというスタイルを一変させる、雇う側と雇われる側がよりダイレクトな関係になっていると思われるのですが如何でしょう。

記事にも書いてあるようにもしこのスタイルがもっと浸透してくれば大学のあり方が大きく変わっていく、かわらざるを得ない状況になると思います。

スラン氏はこのように述べています
「社会の先端技術は5年で変わるのに、教授は相変わらず自分の研究テーマを教えている。高等教育は壊れている、大学が育てている人材と企業が求める人材にミスマッチがある。新卒の若者が入社後に学びなおさないといけないなんで悲しいでしょう。」

これは実に考えさせられる見解ですね。

「意味も分からず学歴を求めるためだけに闇雲に勉強するような時代はナンセンスである。」

こういった考えが主流になる日が来ると良いのですが、「動機」の話のときにも取り上げたようにそうでないケースは少なくないどころかまだまだ「理由を考えるまでもなく良い(偏差値の高い)学校に入れば良いに決まってる。」と言う考えははびこっています。


ムークやユダシティーで提供する講座の受講生は国境や人種社会的地位関係なくお互いが様々な方法で交流をしている様子が書かれているのですが、これが学びの本質であり人間が成長するうえでもっとも自然な姿だと思います。

僕はこういう記事を読むたびに自分の高校時代を思い出します。
学ぶ意味も見出せすそして大して関心もないことにどうやってエネルギーを注げばいいのか?高校の校舎なんて僕にとっちゃ収容所のようなものにしか映りませんでした。いや、もうほんとに。

きらいなこと、つまらないことでもきちんとやることが人生ともいえるかもしれません
がその程度の気持ちで物事をきちんとこなすなんてのは自分には土台無理な話でしたし、やはり人間が一番能力を発揮するときと言うのは損得勘定を越える熱意や意志がある時なんじゃないかと思うのです。
その考えは当時から変わりませんし今この仕事をしていて、ダイレクトに子供達に直結するわけではないのですが、それでもいろいろ考えるとよりその思いが強まったように感じます。

今の高校生は親世代よりも勉強熱心でまじめな生徒が増えたと言うデータがある一方、東大をはじめとする名門大学では教える側が生徒に対して均質化してきた印象を持つことに危機感を抱いています。

つまり一見「まじめ」に映る生徒はともすれば「つまらない」人材に映る可能性もあると言うことなのだと思います。
そのなかで本当に賢い人間は海外進学も視野に物事を考えたり、ムークのような無料講座を自力で探し出しているのかもしれません。

ちなみに武蔵が創設する課外コースというのがありますがこれも東大(現在の)よりもグローバルな人材と言うのに重きを置いた教育施設なのだと思います。
こういう施設が「アンチ国内」とならずに「国内で自分の求めるものがないときに海外に目を向けるのもどうか?」と言うような選択肢の幅を広げる存在になることを期待しています。


僕は基本的に「何が何でも海外」と言う発想は少々安直な気がして賛成できないのですが国外、国境を越えて良いものを求めるという流れが世界中に起こりつつあり日本も徐々にそういう流れの影響を受けつつあるのだな、今回のムークの話を通してそれを強く感じました。

日本でも海外志向の高校や大学といった教育施設はどんどん増えているようですが飽くまで日本人としてのアイデンティティーを失わないグローバリズムとでもいえばいいんでしょうか(横文字多いな)そういうのが培われる優秀な学校が増えるといいです。


移り変わりの激しい時代です。あと5年位したらどうなっているんでしょうか。


ということで初めにも書いたように、いい加減、、そろそろ中学受験ネタに戻りたいと思います。


ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ


スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご褒美〜時間を忘れてくつろぐ ゆとりの空間を贅沢な時間で過ごす元客室乗務がプロデュース旅行物語。

ご褒美〜http://ryokou99.web.fc2.com/時間を忘れてくつろぐ ゆとりの空間を贅沢な時間で過ごす元客室乗務がプロデュース旅行物語。

バイト応援サイト

バイト応援サイトhttp://king39.web.fc2.com/happy1.html解答速報情報求む!大学入試過去問情報一括検索(掲示板&SNS) Vol.4東京都, 和光大学+過去問. 東京都, 中央大学+過去問. 東京都, 武蔵野大学+過去問. 東京都, 国士舘大学+過去問. 東京都 千葉県, 二松學舍大学+過去問. 東京都, 杏林大学+過去問. 東京都 埼玉県, 大妻女子大学+過...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。