スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回合不合予備テスト

4月13日にいよいよですね合不合判定テスト。今年の第一弾です。

この日はサピはオープンテストなので受験者のメインは四谷大塚、早稲アカでしょう。
日能研は必ず他の塾の試験の日程にテストやら授業やらぶつけてくるので普通に通塾してる子供は受けることはないでしょう。

去年は一回目は男女それぞれ7500人くらいだったかな?

基本的に日能研、サピ生がいないとはいえ自分の志望校の合格率を知るには信憑性の高いテストじゃないかなと思います。(そのうちサピックスでは日程に組み込まれるので受ける子供はどんどん増えるでしょうが)


とりあえず受ける人はどんな心構えで臨めばいいでしょうかね。

YTnetでの成績でおおざっぱにみるなら・・・

Sクラスの子供なら8割は取ってほしいですね。問題のボリュームは結構ありますが時間配分に間違わなければ最後の問題まで取り組めるでしょう。全部とかないにしても後半の問題でどれかで得点するだけの力はほしいですね。

Cクラスではまあ、下位と上位では差はありますがとりあえず6,7割得点できれば及第点でしょう。基本レベルの問題を確実に落とさなければ6割はいくでしょう。特に女の子であれば桜陰レベルを狙ってるわけじゃなかったら最後の2題くらいは目を通す必要はないかもです。

まあ、今回は初回なので問題構成は若干易しく設定されてると思うので最後もの問題でも正答率は10パーセントいくかもしれません。だからおおざっぱな心構え、と考えてもらえれば。

Bクラスではとにかく5割、それだけ得点できれば今後の勉強にもまだ展望明るく望めるんじゃないかなと。計算問題は勿論ケアレスミスを最小限に解ける問題だけを確実に取り組めば不可能な数字ではないはずです。

Aクラスの子供には普段見慣れない問題が大半なので精神的にも厳しいかもしれません。だから5割得点できれば良し、とすればいいのかなと。


あくまで現状の成績での一般的な見解なので上を目指す子供はどんどん上を目指してほしいです。

国語も普段よりボリュームがあると感じる子供が多いと思うのでとにかく時間配分に気をつけてほしいです。

サピックス生にとってみれば他塾のテストはおおむね易しく感じるはずです。普段の偏差値+5位は取ってほしいです(普段50なら55)

ただ最近サピも人数増えてカリキュラムが細分化してきました。マンスリーや組み分けも心なしか易しくなってきた気がします。ただアルファクラスの子供には拍子抜けするほど簡単に感じるかもしれません。まあ、それでも油断せずやはり8割は得点してほしいかな。あ、算数の話です。


6年生はいよいよいままでの志望校と自分の成績をしっかり照らし合わせ現実的に受ける学校を考える時期に来ました。

僕の指導している子供の4,5人受けます。まあ、とりあえずこれで今後の指針をより具体化していこうかなと。

なんだかんだ心配です。


ランキングに登録しています。
クリックし頂けると順位が上がるようなのでぜひよろしくお願いします♪


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。