スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月13日、サピと四谷大塚の比較

今年一回目の大きなテストが終わり合不合も大体結果が出ました。

サピのAB比較合判の問題も手に入ったのでざっと目を通しました。


四谷の方は平均150点中78点でしたから例年通りですかね。
ちなみに女子は同じ問題で70弱でした。

うーん、サピのテストと比べるとやはり易しい。まだ4月ですがもうかなり実践向きですね。
最難関を狙うような子はたとえYT生といえどもサピのテスト受けたいくらいです。あ、でもあれは他の塾の子受けられないんだっけ。御三家クラス狙う子は合不合じゃウォーミングアップになってしまいそうです。(まあ、毎年思うんですけどね。)でも最終的には二万人受けるんだから合不合が受験のスタンダードであることには間違いないのですが。

合不合の中身に関して少し。
強いて言えば四谷の合不合は最後の問題以外は解けてほしいですね。最後の問題も時間的に見て余裕を持って取り組める子もいるだろうし、それほどひねられた問題でもないのでほんと強いて言えば。(算数に関してです)


ぁ、話それますが4月15日に出した問題は正答率(1)が34パーセント(2)は8パーセントでした。
やはり正答率は一ケタでしたか。
こちら
5年生という事を考えれば妥当でしょうか。

んで、訂正です。試験時間は35分でしたのでこの問題に10分じゃかかりすぎですね(汗)失礼しました。

あ、それで今回の4月13日のテストなんですけど。

やはりサピのテストは難関校向けで合不合は一般向けですね。

サピはテストのレベルからも上位生徒陣の層の厚さというかサピのレベルの高さを見せつけるかの如くです。


せっかくなのでサピのテストをAタイプとBタイプ、それぞれ問題を取り上げて振り返っていこうかなと思います。


まずはとりあえずテストの説明から。
ABとはどういうことか話していこうかと思います。



ランキングに登録しています。
家庭教師ランキングでは上位にランクインすることができました。

ぶっちゃけとてもうれしいです。

応援してくれる方々のおかげです。

今後もクリックよろしくお願いします♪


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。