スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サピオープンテスト Bタイプ

さて今度はBタイプです。


ハッキリ言ってごくわずかの成績上位の人間以外にはあまり関係のないテストです(笑)

サピでは大体一日に6,7人に一人くらい最難関に合格していますから、サピの生徒でこのテストを気にした方がいいのは通塾生全員ではないです。

なのでかなり限定された人への話となります。

問題は設問として3つ、制限時間は45分。
Aタイプと比べると本番のレベルからするとやや易しめにできています。
平均点どれくらいだろうなー、部分点あるけど3割切るかな。いやひょっとして2割は・・・切らないかな。おそらく昨今のサピのA~Dクラスレベルだと0点の子も少なくないと思います。

まあ、当然です。まだほとんどの子供が見たことのないような問題だからです。
アルファクラスの子供は先取りで勉強しているだろうからその限りではありませんが。

バーっと見てみると①は駒東③は麻布②はBタイプ全般の学校に共通する立体図形という感じです。
①は規則性、③は調べ上げの場合の数と、それぞれの学校の色がよく出ている気がしました。

まあ、男子の最難関ということは同レベルの学校は女子では桜陰くらいでしょうか。
とにかくここら辺のレベルの算数は問題見ていてゲンナリするくらいレベルが高いです。
いやいや、もうほんとに、僕いつも嫌になります。

どの塾でも志望校別特訓というのがあるのはそれだけ最難関では個々の学校の問題に対する専門的な力が必要だからです。

その中で今回①、③の二題取り上げたいと思います。
①は駒東の絶対に落とせない問題に分類するでしょう。
③も同様、麻布受験の子供でこれを落としたら他で相当挽回しないときついでしょう。

ちなみに駒東では挽回する機会はない、と思った方がいいです。
データが公表されているので見ればわかりますが、この学校受験者最低点、最高点の幅がかなり狭いです。このレベルをもし落としたら一発アウトですねー。

さっさと問題に入りますか。



[A]はA×A×5を計算した値の下ふたケタを表すものとします。A×A×5を計算した下ふたケタが05、00の場合はそれぞれ5,0とします。
[A]のAに1以上の整数を入れるとき、次の問いに答えなさい。


1、[43]+「819]を求めなさい。

2、[A]の値として考えられるものすべて答えなさい。

3、[1]+[2]+[3]+・・・・+[N]=12000
  Nを求めなさい。




以前「周りの長さを測る」問題で話したことを思い出していただけたら。

あのような問題は最難関では出てきませんが解く上での取り組み方はとても重要です。
実際の本番でこういう場面に出くわした自分を想像して、どれくらいの時間をかけてそしてこの問題は何問得点しなければいけないのか?6年生であればそういうことに注意して取り組む習慣を身につけてほしいです。

最終的にこのレベルにたどり着くための最初の一歩が「周りの長さを測る」の問題、と考えてもらえたらです。

上にも書いたように最難関では落とせない問題です。実際の試験でも10分以内には解きたいところです。まずはこの問題2番で規則性だと気付けないときついです。おそらく過程の式を書く欄はないので答えをぴったり出さないと0点です。

勿論今回6年生でもこの問題解けなくても気にすることはありません。今後どのレベルにたどり着かなければいけないのか、イメージできればいいのです。上位の子供はどうせこれからこのレベルの問題は延々と演習することになるのですから。

女子はきついと思います算数Bは・・・。
Aで得点できればこっち悪くてもいいでしょう。



ランキングに登録しています。
家庭教師ランキングでは上位にランクインすることができました。

応援してくれる方々のおかげです。

今後もクリックよろしくお願いします♪


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます☆

すみません、問題見て気になったので・・・。

Aは整数、で、[A]はA×A×5の下二桁。
「×5」で下二桁が43って?

問題の読解力が無いのは・・・私だけ?
やばいかも><

応援です☆


たしかに

わkりづらいですね。
こういう類の問題は多少、受験の暗黙の了解、という部分があるかもしれません。

たとえば[4]であれば4×4×5=80となり下ふたけたは80です。[13]であれば13×13×5=845となり下ふたけたは45となります。

そうですね、ですから下ふたケタが43ではなく、43をこのルールで計算した時どうなるか(下ふたけはいくつか)ということです。

本来こういうことはもっと細かく書くべきなのでしょうがあえて原文通りで書いてみました。

いつも応援ありがとうございます♪

これからもがんばって書きつづっていこうかと思います。

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。