スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志望校を決める その2

6年生の夏ごろに志望校が決まってない場合、大体そこまでで志望校に関して何よりも最優先に話し合われてきてなかったんだと思います。どこかに受かるための学力を身につける、そちらが最優先になっていたのかもしれません。


志望校を決めに関して親子でのコミュニケーションが取れていないと
①親子での志望校にずれがあり、子供は実は親の考えに不満を持っている場合。
②親子での志望校にずれがあるが、子供は特に深く考えてなくあまり学校に関心がない。

大きく分けてみるとこのようなタイプを見かける気がします。どっちが性質が悪いでしょうかね?

僕の考えとしてはどちらもあまりよろしくないかな、と。①の方が悪いと思う人が多いかもわかりません。

どちらにしても共通しているのは親子のずれです。①の場合は原因が明確なので解決しやすいと思いますが②の方は本人に関心がないというのが致命的です。こういう子の学力を伸ばすのはかなり難しいです。要はやる気がないんですね。しかもそれは表立って出るものでもないんですね。なんとなくなんとなくこなしてテストも塾もこなしていくので、たとえば成績が落ちてきたときに何が原因なのかいまいちで親子で自覚できない。「言われたとおり、何となく勉強やって今日まで乗り越えて来ました。」昨日も言ったようにこんな感じで士気が持つのは5年生まで。6年生になると徐々にその弊害が出てくると思います。

こういった場合なかなかエンジンがかからないというか、そもそも受験勉強そのものが漠然としているので外部の人間からじゃ入り込めない部分もあるんですね。改めて原点に戻り何で勉強しているの?ということをよく考え目的意識を高める必要があると思います。

子供が漠然とした状態で親が志望校を決めると当然親なりに考えて選ぶわけですよね。そうすると当然子供の学力に見合った学校を選ぶでんすが、意外にここが盲点となるんです。

うーん、不思議なんですがたとえば今の偏差値が50だとして48位の学校を第一志望にするとまるでそれに追従するかのように子供の偏差値も48、もしくはそれ以下になります。

この原因は明確にはわかりませんがモチベーションが起因してるのは確かだと思います。それ以外は僕にも今はよく分かっていません。塾の先生というのは経験上それを知っているんでしょう、6年になり志望校を決める際、親が偏差値を下げることを一般的に反対します。うまくいかないんですね、結果として。

これがそのまま改善されないと48になったらまた志望校を下げまた成績が下がり、の繰り返しでいつの間にか40弱の学校を本命にしました、なんてこともあります。

ここはとても判断が難しいですが、最終的に学力に見合った学校を選ぶのが重要なんです。
今年は堅実派が目立ったとはいえ、それでもかなりのハイリスクを背負った学校を受験する人は少なくないです。だからそういう人たちがもし失敗したとき、それを見た親が「うちはああいう失敗はしたくない」と考え堅実になることは当然です。でもそれを子供に言う時期は慎重に考えるべきです。まだ6年生なりたての時に、「うちの子にはせいぜい・・・」、「どうせこの子に高いところ狙わせても・・・」などという言葉は言わないほうがいいと思います。親が子供の可能性をつぶして否定してるようなものです。言っているほうは控えめのつもりかもしれませんがそれは卑下に近いです、良いとは言えません。

中学受験というのは子供たちはもがすごい勢いで学力を伸ばしています。1か月で区切ってもかなり違います。できれば早目に志望校を決めてほしいという言葉と矛盾するようですが、大きく変わっていくのも事実です。

だから高めに設定しろとか、堅実にとかリスクを背負えとかそういうことよりも重要なことはちゃんと親子で意思疎通ができてどこを受けるか決まってることですね。昨日も言ったように偏差値は水ものです。目に見える数値だけでは測れないものがあるんですね。

志望校を決められてない、というのは本末転倒になりがちです。何のために受験するのか?行きたい学校があるからのはずです。(公立に行きたくない、というのもありますが悪いとは言わなくてもどちらかといえば後ろ向きに感じます。)

行きたい学校があるということは本人の可能性をどんどん伸ばすし、合否の結果以上に受験という体験が本人や保護者を大きく成長させるんじゃないかと考えています。


そして受かるために下手な言い方ですが根性が大事です。最後は。



ランキングに登録しています。
家庭教師ランキングでは上位にランクインすることができました。

応援してくれる方々のおかげです。

今後もクリックよろしくお願いします♪


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

いつも
すごく内容の濃いブログですね、
とても勉強になります。

ヨカッタラ、こちらの方にも遊びに来てくださいね。

No title

コメントありがとうございます♪

自分のブログでは話題を限定していますので恐縮です(汗)

ぜひ寄らせていただきます。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。