スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サピックスの偏差値

以前四谷大塚の偏差値表を見ていきましたが、今回はサピックスの偏差値表です。

首都圏において最も正確に偏差値が出てくるのはここの塾だと思います。
理由は普段のテキストおよびテストの難度の高さです。

たとえば首都圏模試、アタックテストのレベルだと問題構成が全体的にやさしく難関校に対する自分の学力を推し量ることはできません。開成に受かる実力の子供がこのレベルのテストを受ければ偏差値75以上取れるとは思いますが、このテストで偏差値75をとってもサピや日能研のテストで開成の合格率80パーセントに届くとは限りません。

わかりやすく言えばこういうことです。

当然サピは難関向けなのでもう6年生のこれからのテストは実戦向けの問題が必ず出てきます。(この塾も人数がすごい勢いで増えているので5年後も最も正確な偏差値表になるかどうかわかりませんが)

日程に関係なく偏差値の高い順に並べていきます。

筑波大駒場 71
灘     68
開成    65
麻布 栄光学園 62
西大和 渋幕1,2回目 聖光学院1,2回目 早稲田2回目 渋渋3回目 61
駒場東邦 海城2回目 慶応中等部 60
慶応普通部 慶應藤沢 渋渋2回目 浅野 筑波大付属 58
早稲田実業 早稲田1回目 57


上位20校をあげてみました。

ほかの塾に通っている子供が上のデータをみると意外に映るかもしれませんね。
多少どの塾にも偏差値に前後がありますが、ここの塾の偏差値は全般的に低いと思います。その分上位の学校の偏差値がドングリの背比べにならずはっきり差が出てきます。

筑駒、灘、開成というのは実際これだけ差があり、その下もそれぞれ差があります。

知識スピード重視型(A)記述型(B)混合型(AB)と性質も分かれますが、それも含めてこの順番が難しい順、と考えていいのではないのでしょうか。

明日は女子校のほう挙げてみます。



ランキングに登録しています。
家庭教師ランキングでは上位にランクインすることができました。

応援してくれる方々のおかげです。

今後も応援よろしくお願いします♪


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
スポンサーサイト

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>筑波大駒場 71
すごいですねぇ~
開成と6も開きがあるとは。

ちなみに・・・

このBEST20には、我が家の志望校(としている)は、入っていませ~ん!

応援です☆

No title

やっぱり明らかに実力差はあると思います。

最近の開成の算数は実感易化傾向にありますね。最難関といえども慢心せず毎年いろいろ研究しているんでしょうね。

ここに志望校はいっていませんか(笑)今までの流れからするとだいぶ絞られてきたような・・・・???

No title

関西からは灘と西大和ですか。地元民からしたら西大和より東大寺の方が上のような気がしますが。
関東から見ると、関西の事情も違ってくるんでしょうね。かなり興味深かったです。

No title

やはり筑駒は強烈ですね。
合格発表は小さな模造紙1枚のみ。
たったの120人です。
まあ学年の半分が東大に進学するのですからこういった偏差値になるのも当然でしょうか。
首都圏の上澄みの上澄みということですよね。
プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。