スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年度にむけて

いろいろ流行っていますがもれなく自分もノロらしきものにやられたました。
感染力も高いみたいですし、数日間仕事を休みましたが、時期が時期なだけに痛いです。
風邪による発熱や頭痛と違い吐き気は我慢できないですね、つらいものです。


ええ、今年も終わりますね。


結局今年もブログに取り上げようとスクラップにした新聞の記事がたくさん再びたまっています。
んまあ・・・年度が変わる前に少しでも話題にできたらいいなと思います。

ちなみに個人的には何とも落ち着かない1年でした。


家庭教師を始めて10年以上になりますが今年ほど生徒が入れ替わった年はありません。あまりそんなことを言うのも何なんですが、隠すようなことでもないので言っちゃいますけどね。

「指導人数が多い」なんて言うと聞こえがいいかもしれませんが、正直生徒が入れ替わることほど不名誉なことはないと思います。

特にここ4,5年は受験終了までに途中で生徒が辞めるケースがだいぶ減っていたのでその反動が来たのかと思うくらいでした。

中にはですね、あまり細かく書くと生々しいからやめますが、例えば家庭教師センターと契約そのものでもめたり(教務と家庭のトラブルですね)、裏口入学の相談されたりとか・・・まあほかにもいろいろ・・・・自分ではどうしようもできないケースでやめることが例年以上に多かったのも事実です。

「知らず知らず自分が傲慢になったのか」

「慣れから怠慢になってきたのか」

などなど、その都度反省してきたつもりですが、やはり自分は自分らしく仕事に取り組むしかないのかなとそういう結論に至りました。
いや、まあ都合がいいんですけどね。残念なことにきっとセンターの中には自分の評価を下げてしまったところがあると思います、が、仕方ないです。

正直ですね、自分に偽りや不誠実さがでてきたのかと言われたらそれはもう自分ではなかなか判断できないですね、自分を客観するというのは難しいものです、というか不可能かと。

自分で自分を顧みる以上主観の域は抜けないわけでして・・・。


しかし言葉の掛け違い、すれ違いといえばいいんでしょうか、些細なずれが原因だったこともあったと思います。
それは自分の力不足なのか、タイミングが悪かったのか。
・・・・・いやタイミングが悪いというのは判断力不足だから僕のせいですか。


いずれにせよこの仕事がいかに水商売であるかも痛感した年です。
やりきれない感情になることが例年以上にありました。



じゃあ、結局なんで自分は自分らしくなんて結論に落ち着いたかというと一方で自分を支えてくれる人もいるというのをあらためて実感できたからかもしれません。



家庭教師という仕事は、結局関わる御家庭に支えられている部分というのが多分にあります。
だからここまでやってこれたというのもあります。

自分の立ち位置というのも随分変わってきたのかなと、そんな気もします。
評価してくれる家庭や家庭教師センターには本当に救われるような思いになりました。

今年は6年生がかなり少ないので1月も比較的通常月のように過ごせます。
今は少しずつ来年度に向けて準備中です。

今までこのブログを通して家庭教師の依頼を受けてきたわけなんですが来年度(2月からという意味です)からは少し設定を細かくしていこうかなと思います。

今までできる限り変えないようにと考えてきたのですが、そろそろそういうわけにもいかなくなってきたので2月までには変えようかなと考えています。


まだ若干食欲は戻りませんが、せっかく苦しんだからデトックス効果でもあると報われるというものです。ああ、無駄な贅肉取れないかな・・・。


ではみなさんよい年を。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

いまさらなんですが

先月のことですが、このブログのカウンターが50万を超えました。

ほんとは超えた直後に祝いたかったのですが最近は数日開かないこともしばしばなので喜びを表現するタイミングを逸しておりました・・・・。

この数字は多いか少ないかは別として、ブログ開設の時にひそかに目標としていた数字なのです。
だからうれしいですね。素直にうれしいんです。


なんで今日は久々に雑談です。


このブログを始めてもう4年くらいたちますか・・・。
4年っていうと大学卒業できますね、なかなか長いことやってるじゃないですか。
自分で自分をほめてあげたいです。


最初の1年は結構ですね、もろもろ何をどうしようかと悩んだものです。
他のブログを見たりして参考にすることもしばしばありましたが、あまり影響されて依存するのもまずいなあと。意識して減らすようになり、ここ1,2年はまったく覗くこともなく、このブログは閉ざされた世界というかまさに自分の書きたいことを適当に時間を作って書くだけという作業になりました。
そういえばその頃はいろいろな人の書き込みがありましてここもそれなりに賑わってました(笑)。
最近はより一層と淡々とした雰囲気が強まりました、個人的にはその細々とした感じは好きなんですけど。

しかしまあ、とうとう月一ペースですか・・・。さすがにどうにかしたいと思いつつも頻度が上がりません。

もし更新を待っている人がいたらごめんなさい、極力更新していきます。

いや、ほんとは書きたいこといっぱいあるんですよ、でもね、なかなかパソコンに向かう暇がないんです。

だからこんな状態になっているブログでもアクセス数があると本当にうれしいものなのです。

長くやってるといいことありますね、勝手にそう解釈しています。

開設して間もなくブログ村のランキングに登録したおかげでずいぶんと世界が広がり助かりましたし、今でも助かっております。
んで、50万を記念に久々に家庭教師ランキングを見てきました。

・・・・なんかずいぶん増えてましたけど・・・・。

登録して数カ月したときでしょうか、「家庭教師のカテゴリで1位になった!」と書いたことがあったのですがその時は20もなかったはずですよ(汗)。
後は当時よく見ていたブログがなくなっていたりしてそれはそれで結構さびしい気分になりました。


ああ、このブログはあと何年持つんでしょうか・・・・。


もう今年度も終わりが近づいてきました。ですが感慨に浸る暇なんぞありません。
4,5年生はこれからですし、新規の生徒も増えつつあり来年度の日程もぼちぼち調整中です。

また仕切り直しです。

とりあえず自分に「おめでとう」というどうでもいい内容でした。

ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

いよいよ九月です

最近は8月から始まる学校がずいぶんと増えました。

30日の月曜日あたりからから学校が始まり夏休みが終わるというパターンでむしろそちらの方が多いくらいに感じます。

夏は下克上なんて言いますが、たしかに受験勉強にかける時間が物理的に増えるのでやはり差がつきやすい季節ですね。

下克上なんて言うと一発逆転のような印象ばかりが先行してしまうかもしれませんがごくごくシンプルなんじゃないでしょうか。
相対的に勉強量の多い子供はそれ相応の結果がついてきて、逆もまた然りということです。
何か抜け道があって一気に上がったり下がったりということはないと思います。
仮にそう目に映ったとしても、細かく見ていけば原因がないというものはあり得ないわけで、ある日目が覚めたら変身しましたってわけじゃあないですね。

今年度の夏を振り返ると、「よく頑張ってきちんと定着しているなあ」という子もいれば、「相変わらずかな・・・。」何て言うのもいるし、「これはまずいな」というケースもあります。

夏休み前に計画についての話をしましたが、実際はどんなものだったでしょうか。
予定通りに行った人は少数だと思います。

当初の計画以上に前進できたなあと感じた子供はごく少数で、多くは相定内であったり予期せぬ事態ではかどらないこともありました。

話が飛びますが・・・。

最近あまり算数について話すことがなかったのでなんでもいいから算数の話題をしてみようかなと思います。何に触れるかは考えていないので途中でどんどん脱線するかもしれませんが。

夏は思うようにかなかったなあ、なんて人の少しでも役に立つようなことが書けたらと思うんですけど・・・どうでしょうか、頑張って考えてみます。




ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

もっと合理的にならないものかと・・・その2

前回の記事から家庭教師センターの指導レポートというものについて、憤りの気持ちを綴っている最中です。


指導レポートというのは家庭教師センターではたいていどこにでも存在しているものでして、それを元に教務側が生徒の状況を把握したり給与の情報が含まれているものだったりします。
丁寧なセンターですとこの指導レポートの控えを返送してくれてひとりひとりのレポートにコメントを残してくださったりします。

もちろんこのセンターはそんなことはしないばかりではなく、同じ内容のレポートをなぜかもう一度他の書式で提出させます。
同じ内容をですよ?
まあ、いい加減その意味のわからない形式にも慣れましたけど。


今回はこういう出来事がありました。
指導レポートの記入漏れです。
指導レポートの記入漏れにより、不備返送されたので、当然その分の指導料は期日には払い込まれません。



僕が問題としているのは、その記入漏れの部分です。

記入しなくてはいけない部分は生徒名、講師名、保護者名や、会員番号など。まあこれはどこも大抵一緒です。
そして紙面の大凡を占めるのが指導内容について。ここらへんはセンターによって若干違ってきます。

そこの構成は、左端に指導日と毎回ごとの家庭側の捺印、ほとんど幅をとっている真ん中にその日の指導内容など詳しく書く場所があり、その下に指導時間帯、実際の指導時間数の記入欄があります。そして右端に次回の指導日などの記入欄。

そして指導レポートの紙の下部分には保護者が最終的に今月の内容をサインする箇所があります。
その内容を箇条書すると
・まず西暦何年の何月分の指導月か。
・合計指導回数、その横に合計指導時間数
・最後に保護者サインと、捺印

例えば月四回指導に伺ったのであれば、毎回ごとの捺印が四回、最後に一回と合計5回です。

今回記入漏れとされたのは保護者が書き入れる合計回数の部分です。最後の保護者記入欄の合計時間数の横の回数のみ書き漏らしがあったわけです。


想像して欲しいのですが・・・・その横に書き入れる指導時間は書いてあり、レポートの大凡を占める指導内容部分のところに毎回書き入れる、その日毎の指導時間帯、指導時間数は書いてあります。もちろん毎回ごとの捺印もあります。
つまりそれを見ればその月に何回指導に行ったのか誰でもわかるような構成です。その月は2時間指導を四回だったので最後の保護者記入欄も合計指導時間8時間と書いてあります。

しかーし、その合計時間の横に「4回」の4の数字がないということで教務側から突き返されました・・・・。


え?そんなの記入漏れのある方が悪いに決まってるじゃないかって?

まあね、そりゃそうですよね、捺印もサインもあればね、もういいかなってちゃんと確認しなかった僕が悪いですね。はい。親しくなった家庭であろうと毎月毎月「ルールはルールだから!」と紙に穴が開くくらい指導レポートを読み隅々までミスがないかチェックをしなかった僕に不備があったと。そう言いたいのならそれでも構いませんよ。


でもね、もう、いい加減ね・・・・言わせてもらっていいですかね。







お前ら教務はアホか??


ちゃんと仕事しろよ。


だいたい合計8時間って書いてあってさあ、おまけに四回分の日時と指導時間が2時間って書いてあったら2×4=8時間だろ? 

あ、かけ算できませんか???ひょっとして。

じゃあ、2+2+2+2=8時間ならわかりますかぁ???????
足し算もできねえなら教務やめろよ、この給料泥棒。百マス計算でも買って出直してこい。


それにさあ、そんなに疑うんだったらご家庭に一本電話入れて確認したらいかがでしょうか?
それですべて済むでしょ?
こちらにわざわざ郵送して給与振込を遅らせる理由はなんですか??
そんなに、お金払いたくないんですかあ???


ねえ、もう一回言わせてもらいますけど、アホですよね?あほ。アホって意味は分かりますかぁ????




ああ、もう嫌になるなあ。やはり書いていたら怒りが倍増してきました。

いやいやいや、不備があった僕が悪いというならそれでもいいさ、でもね?
こっちもこっちで君らの馬鹿さ加減に呆れています。それだけはここでぶちまけたいというわけなのですよ。


このやろー。

こんちくしょう。



後日僕はこの紙を持ってお母さんにこう言わなくてはいけません。

「あのう、ここに4っていう数字が書いていないので指導レポートとして受け付けてもらえず、僕には指導料が支払われないのです。どうか、ここに4っていう数字だけ書いてもらえますか?」

こんな恥ずかしいことをさせるのは、指導レポート確認不備に対する自分への罰ゲームでしょうか。(笑)

いや、僕がね?家庭側の人間だったらむしろそんなことでレポートを突き返してくる家庭教師や家庭教師センターに不信感を持ちますよ。「これだけ記入してあってそれが分からないわけ?」そう思うのは僕の身勝手な妄想でしょうか。

だいたいね、そういう感情が湧いてくるとほかのことに関しても色々突っ込みたくなるわけですよ。



ほかのセンターとは違い厳しい選考基準?

ふーん、大妻嵐山を「おおつまあらしやま」とか平気で読んでいた教務が適切な家庭教師をご家庭に紹介するわけですか?京都かっつーの。桐朋をきりともと読むのとはわけが違うんだよ。ちゃんと学校名くらい調べください。

以前は人に合格実績詐称を押し付けて、偽りの実績の人間を紹介しようとしていたのに、それで厳しい選考基準ですか。よく言うねえ。

こんな教務に家庭との相性がどうとか選定されているかと思うと、ほんとがっかりですよ。がっかり。


まあ、紹介に関してのツッコミも山ほどありますが。
生徒の状況把握に関しても同様です。


教務がどれほど生徒を理解していると?
同じ内容のレポートをもう一度他の書式で提出させるのはいいけど誰が何をどれだけ把握してんの??


ここのセンターコロコロ教務が変わるので生徒一人ひとりの状況などまず把握してません。
3年持てば大ベテランという感じです。
おそらく教務同士でも競わせているせいなのか、違う人間が何度もこちらのスケジュールを聞いてきたり、
「今年の合格実績を教えてください」などとバカの一つ覚えみたいに聞いてきます。
一年間の間に何回合格実績を書けばいいんだって話です。

まあそれら諸々含めて。
少なくとも家庭教師側からは誰が何を、どれだけ把握しているのか皆目見当付きません。たいていの家庭教師センターでは契約した生徒の担当教務というのがいるものなのですが、このセンターに限っては、生徒が受験終了するまでに担当が変わることも珍しくありません。

以前ご家庭に無断で担当教務が変わっており(退社)逆に僕の方に苦情が来たこともあります、残念なことにこちら側からはなんの対処もすることができないんですけどね。


また今回の件のように「そんなに給与振り込むのが嫌なの?」
と言いたくなるくらいくだらなーい理由で給与を払いません(笑)
結局翌月に振り込まれるのですがすんごいどうでもいい理由で振り込まないので(いや、個人的な見解です。確認不備の僕は本来責められる立場ですけど。)ほんとね、もうね、「わざとか?」って思うのです。
だってほかのセンターじゃありえないようなことで給与未払いになるんでねえ、もう、全く。

今回の記入漏れに関してもそうです。こんなことで記入不備と返送する教務の神経が考えられない。おそらくそれがトラブルのもとになると思ってるんでしょうね。


あれですね、踊る大捜査線的に言わせてもらえば「会議室じゃなくて現場で」家庭教師の仕事というのは起こっているのですよ、当たり前すぎる前提がすっぽり抜けている。

指導レポートの4という数字が抜けていてトラブルに発展することなどまずありえない、
・・・と僕は思うのです。そんなの現場で仕事してれば誰でも肌でわかりますよって思うんですけど。

家庭教師で大事なのはそこじゃないと思うんだけどな・・・。もっと何が大事か何が不必要で、どうすれば家庭側から信頼されるセンターになれるか、自分たちの保身抜きで考えてみたほうがいいですね。

結局全部ね、自分たちの利益しか考えないからいろいろな業務がゆがんでくるわけです。そういうふうにしか映ってないですよ?家庭教師という立場から言わせてもらうと。
最後はね、結局契約がどうとかルールがどうとかじゃなくて人と人との付き合いでありつながり信頼関係が重要だと思いますよ。



僕なんかはこのように不満が貯まるくらいなのでして給与未払いなんてのはしばしばです、

え?

まあそれはね、僕がだらしないせいなんですけどね、あはは。
ほかの家庭教師の人は全然真面目で違っていたら、もはやわたくし裸の王様ですか。

とにかく、僕もここのセンターからの生徒の紹介はよほど時間が空いているか、条件が合うかなどない限り極力引き受けないです。こんな会社から10人とか生徒引き受けて給与未払いなんてなったら洒落にならんですよ。

しかも給与明細を発行しないというこれまた凄まじいことをするので給与が振り込まれない時は突然の出来事です。

そういえば以前給与明細の発行を頼んだら「なぜそんなものがあなたに必要なのか理由を教えてください」とこれまた笑えるような反応が返ってきました。
明細の発行代を無駄だと思うのか、ほかの家庭教師に対しても給与未払いをしょっちゅうするせいなのか知りませんけど・・・。


前回書いた内容に補足するとすれば、本当に会社の利益を守りたいのなら視点を変えろってことでしょうか。自分たちで自分たちの首を絞めているようにしか映らない。

ほんとにね、度が過ぎたらね?トラブルだってシャレにならんレベルになりますよぉ?

そんな時にどうなっても僕は知りませーん。
僕だって生徒が少なくなった時の保険くらいにしか考えてませんから。
でもここまで嫌いなら保険にするのも微妙な感じですね・・・。
そうそう、打算的に考えなくちゃね。でもまあ、潰れてくれたら嬉しいかも(笑)

残念なことにそんな気配は今のところ無く、かなりイケイケな感じで業績伸ばしているようですが。



ああ、大事な時間をくだらない事で使ってしまった・・・・。


でも、少しすっきりしたような気がします。

8月も後半に入りますか・・・。みなさん頑張ってますかね。
お盆は塾がない分差がつきますので気を緩めず勉強に取り組んで欲しいものです。



ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

もっと合理的にならないものかと・・・

ええ、暑い中忙しい日々を過ごしておりますが、残念なことにくだらないことでわずらわしい思いもしております。



僕は大半の生徒は直接やりとりをしているのですが、いくつかの家庭教師センターの紹介の生徒も若干名あります。
(ここらへんの話はだいぶ昔に取り上げたので省略します。)


まあ、生徒を紹介してもらいながらナンですが。


・・・・はっきり言って嫌いなセンターがあります・・・・。


そう、以前もこのブログで一度取り上げたセンターなんですが、相変わらず嫌いです(笑)

一番の理由はですね、ここのセンター、自分たちの利益が何よりも第一優先なんですね。
それが節々に透けて見えてほんとに感じが悪い。

そんなの会社だから当たり前じゃないか、と思う人もいるかもしれませんが、僕は個人的には家庭教師センターである以上、契約する相手を最優先とし、その上で会社に携わる人間を守るのが道理ではないかと考えています。


ええ?そんな自分勝手な?


まあまあまあまあ・・・。


また家庭教師センターというのは塾なり家庭教師なり教員なり、自分自身が現場にたった経験がある人が経営をやる場合、家庭と直接やり取りする家庭教師という立場に気を配るセンターというのは少なくありません。これは大変ありがたいことなのですが僕も別にそこまでの対応を求めているわけではありません。


そうそう、最近「感情のもつれ」というタイトルでも書いたように非常に感情がもつれておるわけです。
このセンターに対して。


最近ホント思うわけですよ、家庭教師業界のためにもね、この会社、不正かなんか発覚して倒産でもしないかなあなんてね。
いやいや、人の不幸を願うわけではありませんよ。
世のためによろしくないセンターはなくなって欲しいという願いでございますです。
まあ、世の中テキスト販売で儲けるようなもっと真っ黒な家庭教師センターもありますけどね・・・。

もちろん感じが悪いだけではなくどう見ても教務の仕事に無駄が多い。しかし結局その無駄も突き詰めてみると自分たしの保身しか考えていないのでそんな非合理的になるのでは?ということばかりで、もうほんとに嫌になっちゃいます。仕事ちゃんとしろよって突っ込みたくなります。

まあ、本人たちは一生懸命なのかもしれないですけど・・・どう見ても無駄が多い・・・。


とにかく挙げ出したらきりがないのですが、最近起きた出来事はですね、
指導レポートというものにに関してなのですが、いい加減怒りを通り越して呆れております。



いや、怒ってますか、相当に。


なので一回落ち着いてから書きましょうかねえ、少しはましな文章になるかもしれないので。


どうかな・・・余計怒りが増幅したりして(汗)





ブログ村に参加しています。
↓こちらでは様々な中学受験に関する情報が満載です。

塾の話や教育に関して、家での勉強法など多岐にわたります。


なにかしら参考になると思います。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

shioshioshu

Author:shioshioshu
1980年生まれ 男性
慶応中等部出身
担当教科 主に算数
合格実績 麻布、駒東、ラサール、桜蔭、女子学院、渋幕、渋々、慶応普通部、慶応中等部、早稲田中、渋渋、武蔵、サレジオ、広尾、青学、学習院、浦和明の星 等

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オススメ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。